日本スポークンワーズ協会

声と言葉の、明日へ。

7月9日TOKYOポエケット、ありがとうございました。

本日、両国の江戸東京博物館で開催されましたTOKYOポエケット、暑い中、日本スポークンワーズ協会ブースにお出で頂いた皆様、まことにありがとうございました。

本日より新発売のスポークンワーズ・マガジンどんと、こい!Vol.7、お陰様で多数の方にお買い上げ頂き、心より嬉しく思います(・・・128冊を引きずって会場に参りましたので、帰りの荷物が軽くなったことも内心ホッとしております)。

写真は左から日本スポークンワーズ協会ブースのURAOCB、黒川武彦、おとなりのTokyo Poetry Journalブースのジョーダン・スミスさん。
tp.jpg

URAOCBはこの日のスペシャルゲストとしてパフォーマンスも行いました。コンベンショナルな詩の朗読とは異なるスポークンワーズの声と言葉、新鮮に楽しんで頂いた方も多かったのではないでしょうか。

こうしたイベントでは、多くの方と交流できるのも楽しいところです。初めてお会いした方、久しぶりにお会いした方。一つ一つの素敵な縁を大切にこれからも活動してまいりたいと思います。

スポークンワーズ・マガジン「どんと、こい!」他、日本スポークンワーズ協会の刊行物は今後、各ライヴ会場に加えて通信販売でもお求め頂けます。ご興味を持たれた方はこちらをご参照くださいませ。

それでは皆様、

また近いうちに。

(大島健夫)

 イベントレポート

0 Comments

Leave a comment